メンズ

正しい害獣駆除方法を知ろう|業者に任せるメリット

生活環境を守る取り組み

業者の男性

捕獲のルール

これまで山林に生息していた動物が都市部にも現れるようになり、田畑を荒したり家屋に浸入したりと被害が現在も拡大中です。害獣駆除は各所で取り組まれていますが、初めての経験というケースが多く当事者の困惑も広がっています。まず理解しておきたいのが害獣といっても野生動物であり、無許可の処分は法に触れる可能性があるという点です。そのため、個人で行う害獣駆除は基本的に追い払うことと理解し、捕獲は専門業者に任せるようにしましょう。その点を理解しておくだけで無駄な労力と出費が省略でき、効果的な害獣駆除につながるのです。捕獲については役所に申請を出すと許可されるケースも多々ありますので、事前に確認してから捕獲機を用意する方法も効果的といえます。

身の安全を優先に

国内で急増している害獣は、イタチやハクビシンとアライグマが中心となっています。ネズミも小型の部類の害獣に含まれていますが、大きさから駆除方法まで明らかに異なる点がポイントです。上記3種は記憶力以外にある程度の頭脳を持つ野生動物で、非常に鋭い嗅覚を頼りに行動しています。上手な害獣駆除としてあげられるのが、この敏感な嗅覚を利用して被害を抑えることです。嗅覚を利用した害獣駆除剤は主に対象動物が苦手なニオイのタイプが開発され、撒いたり容器に入れてつるすといった忌避剤として利用できます。害獣駆除業者に依頼して害獣の駆除が完了したら、再侵入を防ぐためにも活用すると良いでしょう。駆除業者が利用している忌避剤が刺激が強いため、効果が強力です。駆除依頼だけではなく、再侵入依頼までしておくと散布してくれるのでお勧めです。また、害獣は人に感染するような危険な病原菌を保持していることが多いので、しっかりと駆除後の除菌や消毒作業まで行なってもらいましょう。

民家にも巣を作る蜂

蜂

キイロスズメバチは民家に巣を作ることもあり、住宅街でよく見かけるスズメバチです。スズメバチは業者に依頼することで、安全に駆除を行うことができます。料金も比較的リーズナブルに設定されているため安心です。

詳細へ

適した対応を

蜂

ハチは時期により凶暴になる場合があるため、その時期によって対応を変える必要があります。また、ハチの危害が考えられる時期に行動する際には、事前確認を行い、必要であればハチ駆除業者に調査を依頼し、適切な対応をしておくことです。

詳細へ

イタチによる被害

イタチ

イタチが屋根裏に住み着くことで、住宅では糞尿や騒音による被害が発生します。しかし個人でのイタチ駆除は法律で禁止されているので、多くの人が専門業者に依頼しています。専門業者は、煙や爆竹でイタチを追い出し、その上で糞尿の処理や殺菌や消臭をおこないます。さらにはイタチの出入り口を塞ぐ作業もおこなうのです。

詳細へ