適した対応を|正しい害獣駆除方法を知ろう|業者に任せるメリット
女性たち

正しい害獣駆除方法を知ろう|業者に任せるメリット

適した対応を

蜂

まずは刺激をしないこと

ハチが近くに多くみられるようになった場合、まず第一にするべきことは、巣ができていないか、周囲を見て回ることです。特に、初夏であれば、その巣は小さいことが多く、蜂の数も数えられるほどであることから、市販の殺虫剤で対処できることも少なくありません。巣も頑丈にはできていないため、棒などで崩してしまうことも可能ですが、秋が深まってくる10月になると、考え方を完全に変えておく必要があります。目安として15m以上離れておくことはもちろん、黒い服や帽子をかぶった状態で、うろうろすることは非常に危険です。ハチは、黒っぽいものを見かけると、執拗に攻撃を加えてくる習性があるため、あくまでも刺激を与えないことが大切です。

臨機応変に対応

しかし、できてしまった巣に近づかなければならない場合には、早々にハチ駆除を行う必要があります。特に、秋ごろに良く行われる遠足の通り道や休憩場所などは下見をしておくに越したことはありません。また、急に工事を行うことになった山道に面した道路なども、下見をしておかなければ、仕事にならない場合も有ります。いずれの場合も、ハチ駆除業者に連絡をして現場確認をしてもらうことで、どういった処置ができるかわかります。ハチ駆除業者は、事前に見積もりを出してくれるので、金額に応じて対処方法を選択することです。基本的にはハチ駆除を行うことが優先になりますが、あまりに高所や崖の上などの場合、定額の範囲では作業ができない場合も有るため、そういった時は、プラン変更をするなど、臨機応変に対応することです。